オールインワンジェルは洗顔後のスキンケア、つまり化粧水→美容液→乳液→クリームのケアを1つだけで済ませることができるとても便利なアイテムです。

とても疲れているときや忙しい時などに時短ができるだけでなく、アイテムを肌に塗り込むときの刺激を最低限に抑えられるという利点があります。

オールインワンジェルには500円程度のプチプラから5,000円を超える高価なものまでいろいろありますし、たとえば法律で認められた美白成分を入れたもの、肌に潤いを与える保湿に特化したもの、エイジングケア(年令に応じたケア)に特化したものとさまざまです。

そのため、何をどう選べばいいのかが分かりづらいですよね。

この記事では、商品をを選ぶためのポイントと、当サイト独自に調査した今使われているオールインワンジェルのランキングを示します。

選ぶときのポイント

目的の成分は入っているか

普通の基礎化粧品にも保湿をするラインと美白化粧品のラインがあるように、オールインワンゲルも商品によって違いがあります。

成分を見ることでその目的がわかるので、新しく化粧品を買おうとするときは必ず全成分表示をチェックするのがおすすめです。

特にそれは美白を謳った基礎化粧品では重要で、「薬用化粧品」または「医薬部外品」と書いてあるものを選ぶ必要があります。

そのように書いてある化粧品では法律で認められた有効成分が入っていますので、成分表示を注意深く見ましょう。

引用:ホワイトニングリフトケアジェル公式サイト

たとえばこれはシミウスホワイトニングリフトケアジェルの全成分表示ですが、全成分表示のはじめに「有効成分」とあります。

これを書けるのは薬用化粧品だけです。

保湿の場合はそういった対象のものはありませんので、ヒアルロン酸やセラミドなど、自分が使ってみたい、あるいは肌質に合った成分が入っているものを選びましょう。

続けられる価格帯か

スキンケアを長いことサボると、肌が乾燥しているのにテカテカという困った状態になってしまいます。

せっかく時短アイテムのオールインワンジェルも、継続して使うほうがいいことには変わりがありません。

そのため、プチプラでも長く使えるものを選びましょう。

使用感は好みに合うか

オールインワンジェルの悪い口コミでよく上がるのが、「メイクをするともろもろとしたカスが出る」というものです。

例えば後述のランキングで一番人気だったメディプラスゲルは、かつてはそのような口コミが多かったため製品をリニューアルしたほど。

ジェルを塗ってからメイクするまでに若干時間をあけることである程度は防げる問題ですが、本当に時短したいとき、例えば寝坊してしまったときにはスキンケアからやり直しになるのはめんどくさいですよね。

確実にそういったことをなくすなら、ジェルタイプのではなく美容液タイプのオールインワンがおすすめです。

ただ選択肢の面ではジェルタイプのほうが多いことだけは覚えておきましょう。

 

 

【2019年版】オールインワンジェルおすすめランキング

メディプラスゲル

バナー原稿imp

当サイトの調べで最もユーザーが多かったのがメディプラスゲル!

優しい使い心地でしっとりと肌を包んでくれます。

そしてポンプ式のボトルなので使いやすく、スパチュラを無くす心配もないので安心。

ホワイトニングリフトケアジェル

グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキスを有効成分として配合した、医薬部外品の美白(日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)ジェルです。

きれいな藤色のジェルと、マッサージに適したテクスチャーで心地よく癒やされます。

ユーザーの要望に応じてジャータイプだけでなく、ポンプとチューブから選べますから、直接スパチュラや指を突っ込むジャータイプに抵抗があっても大丈夫です。

朝は少なめに広げてマッサージなしにするともっと時短になりますよ。

ライスビギン

ライスビギンはジェルではなく美容液タイプのオールインワンです。

美容液タイプは肌に膜を張らない分、つけてすぐにメイクができるのが大きなポイントです。

ライスビギンは使う量は本当に少しだけなので、始めは「ほんとにこれでうるおうの?」と思うかもしれませんが、実際に使ってみるとびっくりするほど乾きません。

お値段が他のと比べ高めなのがネックですが、ワンランク上の使いやすさがあります。

Copyright© 【2019年版】オールインワンジェルおすすめランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.